肥前さが幕末維新博覧会

肥前さが幕末維新博覧会まで

あと
JPNENG
MENU
岩倉使節団の一人として、世界を体感

山口 尚芳

岩倉使節団の一人として、世界を体感

  通称「範蔵」。若くして長崎で洋学や英語を学ぶ。岩倉使節団の副使として欧米12カ国を視察し、世界から日本を見る目を培った。その後も初代会計検査院長、元老院議官、参事院議官、高等法院陪席裁判官など要職を歴任。地元武雄市花島では、1930年に顕彰碑が立てられ、毎年1月「範蔵祭」が開かれている。
写真:『岩倉大使一行写真』より 武雄市蔵