SPOT 8

日本の工学・化学分野の先駆者

黒田チカ

お茶の水女子大学蔵

黒田チカ

(くろだ ちか)

1884-1968

女性の化学分野での日本初の理学博士。佐賀市出身。1902(明治35)年、女子高等師範学校(現 お茶の水女子大学)理科に入学。卒業後、義務奉職を経て同校研究科に学び、助教授となる。1913(大正2)年、29歳で東北帝国大学化学科に合格し、最初の女子大学生の一人となる。卒業研究で紫根色素の構造決定を成し遂げ、学会発表した。イギリス留学後、母校の女高師で教鞭をとりつつ、1923(大正13)年から理化学研究所で紅花色素の研究を行い構造決定に成功し、1929(昭和4)年、45歳で理学博士となる。「紅(べに)の博士」の名で呼ばれる。